校長挨拶

校長挨拶:第19代校長 嶋田 晶子

 

 平成30年度がスタートしました。武蔵野市立第五小学校は、今年度、新入生67名を迎え、13学級、427名でのスタートです。開校72周年を迎える第五小学校。伝統を引き継ぎ、よりよい学校づくりを目指し、教職員一同がチームとしての意識をもって教育活動を進めて参ります。

 

 本校の教育目標は、「元気・本気・根気 気のあふれる学校を目指す」 です。年度当初に当たり、教育目標について考え、それぞれの学年の発達段階に沿った具体的な目標を考えていくことを学校だけでなく保護者の方々も意識していただければ有り難く思います。

「元気」は「元気でやさしく 思いやりのある子」を目指します。

「本気」は「何事も一生懸命に本気で学び 課題を解決しようとする子」を目指します。

「根気」は「根気よくあきらめない強い意志をもって課題に立ち向かおうとする子」を目指します。

 

 特に今年度は、2020年より全面実施となる次期学習指導要領の移行措置期間がスタートとなる年です。これからの教育の方向性を考え、本校では特に国語と外国語活動による校内研究を中心として教育活動を進めて参ります。また、2年後に迫った「東京2020大会」のオリンピック・パラリンピック教育もより推進してまいります。

 

 保護者有志による「五小ボランティア」制度も3年目を迎えます。今年度も保護者・地域の皆様の本校の教育活動へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

更新日:2018年04月19日 15:05:30